招待券申込みはこちらから 資料請求はこちらから
お問い合わせ
メール: ifex@reedexpo.co.jp
TEL:


FAX:
[来場について]03-5302-3142
[出展について]03-3349-8511

[来場について]0120-135-163
[出展について]03-3349-3570
住 所: リード エグジビション ジャパン株式会社内
国際 フラワー&プランツEXPO(IFEX)事務局
〒163-0570
東京都新宿区西新宿1-26-2
新宿野村ビル18階
リード エグジビション ジャパン株式会社 主催

イベント・セミナー

花業界活性化のためのセミナー

セミナー事前申込制

セミナーイメージ

フラワー・ガーデン業界の
最新トレンドがわかるセミナーを開催

花や植物の売上アップをテーマに、業界の第一線で活躍する講師が毎日講演。小売店の売上アップを応援します。

F-1

10月10日(水)10:30~11:30

無 料

お店の魅力アップで売上倍増!
~オザキフラワーパーク 売場改革の実例を元に~

(株)オザキフラワーパーク
代表取締役社長
尾崎 明弘

講演内容&プロフィール
  • <講演内容>
    業界需要が縮小する中、ただ商品を仕入れ・陳列し、一生懸命販売するだけで売上増を達成することができますか?他の業界小売は年々改善を重ね、より魅力的なお店へと変化を続けています。ネット販売も益々利便性を増しシェアを拡大しています。このような時代にいかにしてお店の魅力を高め、売上を倍増させるか、当社の売場改革の実例を元にお伝えしたいと思います。
  • <プロフィール>
    1991年 (株)ビバホーム入社(ホームセンター業務)、1993年 Ozaki Flower Park Europe B.V. 設立、オランダ・アムステルダムにて輸出入業務を行う。1995年 オザキフラワーパーク・アムステルダム支店開店(フラワーショップ運営)。1998年 (株)オザキフラワーパーク入社、2007年 代表取締役社長就任。
    【会社概要】現在の所在地である東京都練馬区石神井台において、父である尾崎昇弘により57年前に創業。鉢花生産者から東京オリンピックを機に園芸店へと業態を変える。その後は店舗の拡張、敷地内にスーパーマーケットを誘致など、地域に密着した業態開発を進め、専門店としての深い品ぞろえを強みにガーデンセンターを運営している。

F-2

10月10日(水)13:00~14:00

無 料

新規客獲得とリピート率向上の秘訣! WEEKEND FLOWERで店頭改革

(一社)花の国日本協議会
プロモーション推進室長/
フラワーシーンプロデューサー
小川 典子

(株)花茂
代表取締役
大矢 みな

(株)日比谷花壇
ワンダーフラワーブランド
事業部 部長
谷 真由美

講演内容&プロフィール
  • <講演内容>
    年間を通じて売上・客数をアップし、日本のどのご家庭にも「花のある暮らし」を当たり前にするための施策『WEEKEND FLOWER(ウィークエンドフラワー)』。旬の花をアピールしながら、着実に新規客・リピート客をつかみ、スタッフ教育、ギフト需要にもつながっている実例をご紹介します。
  • <小川 典子氏 プロフィール>
    東京生まれ、早稲田大学卒。(株)ワコールに入社し11年間マーケティング業務に携わる。キリンビール(株)に転職、キリンアグリバイオ、小岩井乳業にてマーケティングを担当。在職中の2010年よりフラワーバレンタイン推進委員会ワーキンググループリーダーとして花の消費拡大活動を開始。2012年キリン退社後、花の国日本協議会を設立に携わり2014年より現職。23歳より花修行開始、会社勤めの傍らフラワーアレンジ教室主宰、ブライダル、展示イベント、頒布会事業など様々な経験を積む。全国各地での講演、インタビュー、コラム執筆などメディア露出も多数。
  • <大矢 みな氏 プロフィール>
    (株)花茂(ハナモ)代表取締役、本年度7月1日に旧社名フラワーブティックハナモより社名変更。千葉県市原市と千葉県茂原市にある老舗花屋、"心あたたまる花贈り"をモットーに全国へお花をお届け、地域にねざした店頭での展開、単なる花の販売だけでなくスクールやイベントなども開催。花の国日本協議会のフラワーバレンタインやウィークエンドフラワーを展開することで、お客様とのコミュニケーションを高めると同時に、店頭スタッフのやる気を引き出すプロモーションを実施しています。
  • <谷 真由美氏 プロフィール>
    1995年(株)日比谷花壇そごう横浜店店頭スタッフとして入社、その後 VERRY MERRYブランド店長を経て2008年HIBIYA・KADAN・STYLEそごう横浜店店長などを歴任し、2011年ショップブランド本社の購買・企画に携わり、スーパーバイザー、HIBIYA・KADAN・STYLE本部の副本部長を任じ、2016年よりホームユース事業推進室室長兼ワンダーフラワーブランド事業部部長となり、2017年ワンダーフラワーブランド立ち上げを担当し現在に至る。日比谷花壇のショップブランドの中で、ホームユース需要に特化したブランドとして、日比谷花壇では今までにないショップ業態を推進中。

F-3

10月10日(水)15:30~16:30

無 料

プロトリーフガーデンアイランド店10周年。ガーデニング需要の変遷と新規顧客開拓とは?

(株)プロトリーフ
専務取締役
加能 裕一郎

(株)プロトリーフ
プロトリーフガーデンアイランド店 店長
佐藤 健太

講演内容&プロフィール
  • <講演内容>
    プロトリーフガーデンアイランド店が東京・二子玉川に開店して2018年8月で10年が経ちました。会員5万人に支えられて成長してきた当店における、開店から10年間のニーズの変遷および新規顧客ニーズの変化、既存顧客ニーズの変化、これからのニーズの予測等についてお話しします。
  • <加能 裕一郎氏 プロフィール>
    2000年10月 (株)プロトリーフ創業、専務取締役就任し現在に至る。2008年にプロトリーフガーデンアイランド玉川店をオープン。 プロトリーフは培養土の製造販売を主力としている「土メーカー」。園芸店経営も行うことで、納品主義に陥らない小売の立場に立った商品開発、カテゴリー開発を得意としています。
  • <佐藤 健太氏 プロフィール>
    2008年8月 第一園芸(株)より、プロトリーフガーデンアイランド玉川店に入社。同年、資材仕入れ担当就任。
    2013年7月1日~2015年2月 プロトリーフ 商品本部 商品開発部
    2015年3月~小売部 tukuriba マネージャー
    2016年3月~プロトリーフガーデンアイランド店 店長 就任

F-4

10月11日(木)10:30~11:30

無 料

魅せて売上げをUPする! ~お花屋さんのVMD~

(株)スペースポイント
代表取締役
中込 美津子

講演内容&プロフィール
  • <講演内容>
    オムニチャネル時代、リアル店舗で求められるのは暮らしの中でお花を楽しむコト提案。商品に感動し空間に感動する楽しいお店に人は集まる。お客様はお店のどこに惹かれ、思わず手に取り買ってしまうのか、そこにはVMDの法則がある。異業種も参考に、魅力的なお花屋さんのVMDを考えてみたい。
  • <プロフィール>
    美大卒業後、大手アパレルメーカーのディスプレイコーディネーターとして店舗開発、販売促進に携わる。現在はディスプレイの企業研修、店舗VMD指導を中心とした(株)スペースポイント代表。IFEXでは第1回目よりセミナー講師を務めている。理論だけでなく、現場第一主義をモットーに、お金をかけず魅力的な店をスタッフと一緒に作り、売上げをアップさせている。

F-5

10月11日(木)13:00~14:00

無 料

売上アップに必要なIT・プロモーション・マーケティング講座

(株)ストロボライト
代表取締役
石塚 秀彦

講演内容&プロフィール
  • <講演内容>
    IT・プロモーション・マーケティングに関する取り組みやノウハウが乏しい園芸業界。本セミナーでは、(株)ストロボライトが運営するメディア運営のノウハウや、他業界の取り組み事例など交えながら、石塚氏が最新動向についてレクチャーします。
  • <プロフィール>
    1983年生まれ。茨城県出身。2006年に(株)シーエー・モバイルへ入社後、2008年に(株)zeronana設立メンバーとして転籍、広告営業部長を務め、代表取締役社長に就任。2012年に(株)ストロボライトを設立、2014年に月間250万人が訪れるWEBメディア「LOVEGREEN[ラブグリーン]」を立ち上げる。2017年2月に全国のホームセンター・園芸店・生花店などで累計100万部発行されているフリーペーパー「Botapii[ボタピー]」を創刊、同年6月には庭のプロデュース・施工を行う「MIDOLAS[ミドラス]」をスタート。2018年8月には園芸業界誌「BizGREEN[ビズグリーン]」を創刊、同年9月より(株)ユニバーサル園芸社の顧問に就任。自身は多数のサボテンの育成する愛好家でもある。
    http://strobolight.co.jp/

F-6

10月11日(木)15:30~16:30

無 料

生花店のこれからの経営を考える
~10年後も生花店として生き残るために~

(株)ヌボー生花店
代表取締役社長
山﨑 年起

講演内容&プロフィール
  • <講演内容>
    結婚式数の縮小、葬儀需要の単価下落、ギフト需要の多様化による競争激化。生花店を取り巻く環境はこれからますます厳しさをましていくことは間違いありません。そんな状況下で、これからも花屋が花屋として生き残り、発展していくための戦略とは何か発表します。
  • <プロフィール>
    1979年長野市生まれ。大学卒業後、東京の大手IT会社にてプロジェクトマネージャーとして活躍。家業であったヌボー生花店の業績悪化を受け、2006年に帰省。 前職の経験を活かし、当時の花屋には珍しかったITを活用した大規模なコスト削減に取り組み、1年で黒字回復させる。社長就任以降はレストランや室内緑化事業もスタートし、「お花のある生活」をより多くのお客様に提案すべく経営の幅を広げる。「闘え!花屋改革プロジェクト」の実行委員長として勉強会を行うなど、全国のお花屋さんが元気になることを目指し活動中。

F-7

10月12日(金)10:30~11:30

無 料

いいね!が5倍になる 花・植物のインスタグラム写真の撮り方

f.f.b.(株)
取締役 ビジュアル・アドバイザー
木村 麗

講演内容&プロフィール
  • <講演内容>
    後日公開
  • <プロフィール>
    後日公開

F-8

10月12日(金)13:00~14:00

無 料

庭サービスでのIT活用術。お客様の求めるニーズとは?

(株)ストロボライト
取締役 MIDOLAS事業部 本部長
上野 真哉

講演内容&プロフィール
  • <講演内容>
    造園や外構・エクステリアについては、顧客目線で見ると、どのように依頼したら良いかも分かりにくいとよく言われます。そこで、MIDOLASがどのように集客~施工完了までを行っているのか、また、お客様に支持される提案手法などについてご紹介します。
  • <プロフィール>
    2000年~(株)フローリィネットにてブライダル、小売り、スクールに関わる仕入れ、企画業務に携わる。 2004年伝統産業の金箔を多角的に提案する(株)箔一にて企画営業職として入社。営業/商品企画/生産管理などの業務を兼務し、2部門の事業統括/東京事業所責任者として伝統産業のイノベーションに従事。2017年3月庭サービス「MIDOLAS」の立ち上げメンバーとして(株)ストロボライトに事業部長として参画。2018年7月より名古屋支店、8月より大阪支店が開設。消費者にわかりやすく、業界が活性化する庭サービスの全国展開を目指し事業展開中。
    https://midolas.jp/

F-9

10月12日(金)15:30~16:30

無 料

切花の日持ちを科学する

(地独)大阪府立環境農林水産総合研究所
食と農の研究部 園芸グループ
主幹研究員 豊原 憲子

講演内容&プロフィール
  • <講演内容>
    切り花は、収穫されたその瞬間から生命維持に必要な機能を制限され、茎からの吸水や栄養不足といった厳しい変化の中で花を咲かせなければいけない。本講演では、お客様の下で花を美しく咲かせるための技術について、最近の研究成果を交えながら、科学的な視点で解説する。
  • <プロフィール>
    1990年大阪府立大学農学部園芸農学科卒業(花き学専攻)。国際花と緑の博覧会に従事ののち、1991年大阪府入庁、農林技術センターに配属され、以降27年間花き分野の研究に取り組む。栽培技術研究のほか、切り花の品質保持に関する研究に取り組み、大阪府の特産切り花であるダッチアイリスや花桃の開花不良を改善する技術を開発した。2010年度より農林水産省実用技術開発事業において研究代表者として切り花の収穫後開花調節技術の開発、2014年度より、農林水産省国産花きイノベーション推進事業花き日持ち性向上対策実証事業に参加し、様々な品目の品質保持技術について研究・提案を行っている。生産者、卸売市場、生花店を対象とした講演会多数。
  • 招待券申込みはこちらから

当ウェブサイトは、運営と効用の改善のためにクッキーを利用しています。クッキーについての詳細、利用目的や管理方法は、プライバシー&クッキーをお読みください。尚、このサイトを利用するにあたり、あなたはクッキーの使用に同意していることになりますのでご留意ください。